一戸建てを考える

 

一戸建てのスタイル

結婚をして、子供ができ、会社でも十分な収入の保証がされるようになってくると、マイカーを買い、会社員としてのキャリアを積みながらいつかは一戸建ての住宅が欲しいと考える人も多いはずです。アパート暮らしでは、だんだんと手狭になってきてしまい、引っ越そうと考えると、その資金や次に選ばなければならないアパートの間取りだと相場が30年間のローンを組んだ一戸建て住宅と月々の支払いがそう変わらないと感じることもあるでしょう。

一戸建ての住宅を建てるとなれば、人生の一大事です。せっかくだから、長く暮らしていけるような空間を作り上げたいと考えるのは当然でしょう。そこで、様々な情報をもとにどのような住宅案があるのかというのを考えてみる必要があります。場合によっては、住宅メーカーが行っている展示場に足を運んで実際にどのような間取りや機能がある住宅が自分の家族に合っているのかを家族と一緒に知っておくことも良いでしょう。

現在は、建築技術の進歩や多種多様な家族構成があるため、それに応じる形で様々な設計の住宅があります。例えば、一階部分をガレージとリビングだけにして2階以降に寝室などを配置した間取りが基本となるガレージハウスや、趣味で映画鑑賞や楽器演奏を行う人に向けた防音室をつけた住宅など、自身のライフスタイルに応じた間取りなどを希望することにそれに沿ったプランを提示してくれる形式がほとんどです。また、住宅を建てることになる土地周辺の環境に合わせた設計も大切な物となります。

■関連サイト
狭小住宅の建築設計を行っている建築設計事務所のサイトです・・・狭小住宅

家族構成と二世帯住宅

住宅を建てようと考えた時に、まず何階建ての住宅にするのか、どのような間取りで、駐車場の配置はどのようにするのか、などを考えなければなりません。その際に重要なのが、現在の家族構成や、今後の家族計画です。例えば、現在・・・

デザイナーズ住宅

人生の中でも一戸建ての住宅を建てるという経験はたいていの人にとっては一度きりの大きな出来事となります。しかも、その住宅には何もなければ長いローンを設定してその器官は少なくとも居住することとなるため、建築する際にはそれなりのこだ・・・